News

2013.07.29

第5回「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果

2013年7月29日
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
株式会社ループス・コミュニケーションズ

 

第5回「企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査結果

〜Twitter・Facebook活用率はさらに伸長し、企業の問合せ件数・自社サイトへのアクセス増につながる
BtoB向け展開企業での活用意向も高まる〜

 
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江)が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」(※)と、ソーシャルメディア・コンサルティングで日本有数の実績を持つ株式会社ループス・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斉藤 徹)は、「gooリサーチ」登録モニターの中からソーシャルメディアの公式アカウントを保有し、通常業務で運用する立場にある企業の担当者を対象に「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査を実施しました。
 
以下4回の調査に続く、第5回目調査として位置づけ、有効回答者数は356名でした。
 
1)2010年7月実施「企業におけるTwitter活用状況」に関する調査結果
http://research.goo.ne.jp/database/data/001219/
 
2)2010年11月実施「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果
http://research.goo.ne.jp/database/data/001278/
 
3)2011年6月実施「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果
http://research.goo.ne.jp/database/data/001340/
 
4)2012年6月実施「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果
http://research.goo.ne.jp/database/data/001462/
 
 

総括

ソーシャルメディア公式アカウントを運用する企業では、Facebook活用率が約8割、Twitter活用率が5割超、mixi、Google+、LINEが約25%と利用が加速し、企業のブランディング、自社サイトへの流入増加、EC連動等目的に応じて複数のソーシャルメディアを使いこなしていることが確認されます。
導入時には、「販促や実購買にどの程度貢献するか」など営業効果への関心が高かった一方で、前年に比べ「問い合わせ件数・自社サイトへのアクセス数増加」での効果を感じている回答者も多くみられました。その他、ソーシャルメディアを長期間活用することで徐々に効果が出ている企業もあり、中長期を見据えて継続的に活用することで、より効果が見込めるものと考えられます。
 
また、「企業・官公庁向け(BtoB)展開企業」でのソーシャルメディア活用施策でも、担当者のキャクラクターを工夫した好感度向上施策や有益な業界情報提供を行う等の特徴が多くみられ、今後ソーシャルメディアの活用は「企業・官公庁向け(BtoB)展開企業」でもさらに活性化するものと想定されます。
 
 

調査結果のポイント

(1) 企業のソーシャルメディア活用では、Twitter、Facebook、Google+、LINEが伸びる。
企業のFacebook活用率は約8割となり、さらに伸長。Twitter活用率も5割を超えた。
急成長したLINEの活用率は約25%で、mixiやGoogle+とほぼ並ぶ結果となった。
(2) 企業は目的に応じ複数のソーシャルメディアを使いこなしていることが確認される。

ソーシャルメディアの活用目的では、TwitterとFacebookで前年に比べ「ブランディング」関連が伸びている。その他、「サイト流入増加」も上昇し、自社サイトへの流入効果が期待されている。また、LINEでは「EC連動」が他ソーシャルメディアに比べ高い。

(3) ソーシャルメディア導入時には、運用準備に加えて「販促や実購買にどの程度貢献するか」など営業効果への関心も高かった。
ソーシャルメディア導入時の課題では、「運用ノウハウ」「ガイドライン整備」「販促や実購買への貢献効果」「チーム体制」への回答が半数を超えた。
(4) 「企業・官公庁(BtoB)向け展開企業」でのソーシャルメディア活用施策にも特徴がみられた。
Twitterでは「担当者のキャラクターを工夫して好感をもってもらうよう努めている」、Facebookでは「業界に関する有益な情報を流している」との回答が最多だった。
(5) 前年に比べ「問い合わせ件数・自社サイトへのアクセス数増加」での効果を感じる回答者が多い。

前年に比べ全体的に営業効果の高まりが大きくみられる。また、ソーシャルメディアを長期間活用することで徐々に効果が出ている企業もあり、中長期を見据えて継続的に活用することで、より効果が見込めるものと考えられる。

(6) 「企業・官公庁(BtoB)向け展開企業」のFacebook活用課題では、「効果測定の基準がわからない」「投稿ネタがない」「情報発信のやり方がわからない」「ファン数が増えない」等が多いのが特徴。

ソーシャルメディア活用上の課題をみても、「営業上の効果」に関心が高いことが明らか。ただし、LINEは他のソーシャルメディアに比べ、「営業上の効果がみえない」割合が低く、効果の高さが確認される。

(7) 今後、ソーシャルメディア関連予算や体制面強化の意向率は「企業・官公庁向け(BtoB)展開企業」で特に高く、さらに活性化するものと想定される。
今後積極活用したいソーシャルメディアでも「Facebook」「Twitter」は高く、前年に比べ上昇。「LINE」の今後の活用意向率は約2割だった。多数のソーシャルメディアが乱立する中で、重複活用を避ける動きも出ており、今後は各特性や効果を考慮した見極める動きが増加すると考えられる。

詳細はこちら
【gooリサーチ】「第5回 企業におけるソーシャルメディア活用」に関する調査
http://research.goo.ne.jp/database/data/001582/
 
 

調査概要

1. 調査対象: 「gooリサーチ」登録モニター
2. 調査方法: 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間: 2013年6月12日(水)〜2013年6月24日(月)
4. 有効回答者数: 356名
5. 回答者の属性: 【従業員規模】
10人未満:9.0%、10人以上100人未満:27.8%、100人以上1000人未満:35.1%、1000人以上:28.1%
 
【対象顧客】
どちらかといえば消費者向け(BtoC):49.2%、どちらかといえば企業・官公庁向け(BtoB):31.7%、消費者と企業・官公庁の両方(B2CおよびBtoB):16.9%、その他:2.2%

【gooリサーチ】http://research.goo.ne.jp/
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(http://www.nttcoms.com/)が企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.8万人)、携帯電話でアンケートに答える「gooリサーチ・モバイル」モニター(15.0万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、延べ216万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数は2013年7月現在)
 
本調査では、以下項目についても確認しております。
・ソーシャルメディアに関連した予算の増減について
・ソーシャルメディア「運用ガイドライン」の制定について
・ソーシャルメディアの運用に携わっているチームの所属人数と実際に閲覧や書き込みを行っている人数
・ソーシャルメディアへの投稿頻度、投稿の仕方
・具体的にモニタリングしている内容、分析・モニタリングする際にお使いのツール
・ソーシャルメディア運用での効果測定の指標
・現在もしくは将来、ソーシャルメディア活用にあたり外注している、外注を検討している業務
・ソーシャルメディア上で得られたデータの事業運営のための活用、データ活用内容
・ソーシャルメディア活用にあたり参考にしたいと思う企業
・公式Twitterアカウントのフォロー数、公式Facebookページの「いいね!」数
・Facebookの活用施策について実施しているもの、データ活用
・mixi、YouTube、Google+、LINE活用状況
・ソーシャルメディア活用の際の端末について
・ソーシャルメディア上で行っているO2O関連施策
 
 

本調査に関するお問い合わせ先

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ビジネスインテリジェンス本部
TEL:03-4330-8402 E-mail:research-info@nttcoms.com
 
株式会社ループス・コミュニケーションズ
TEL:03-6438-0311 E-mail:contact@looops.net

このエントリーをはてなブックマークに追加

ループス・コミュニケーションズ (looops communications)