News

2016.12.01

「LINE Ads Platform」の 取り扱いを開始

2016年12月1日
株式会社ループス・コミュニケーションズ

 

LINEの運用型広告サービス「LINE Ads Platform」の

取り扱いを開始

株式会社ループス・コミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斉藤徹、http://looops.net、以下ループス)は、LINEの運用型広告サービス「LINE Ads Platform」の取り扱いを開始いたしました。

「LINE Ads Platform」は、日本国内MAUが6,400万人(※1)と国内最大のメッセンジャーアプリ「LINE」のタイムラインやLINE NEWSなどの広告枠に、年齢や性別、エリアなどでターゲティングしたユーザーに広告配信ができる運用型広告サービスです。

ループスでは、代理店としてこの広告商品を取り扱うほか、企業(広告主)に対しては、当該広告の運用アドバイス、パフォーマンスの分析を行い、企業のマーケティング戦略のコンサルティングサービスを提供いたします。

今後もループス・コミュニケーションズでは、企業のソーシャルメディア活用支援における国内有数の実績を活かし、企業と生活者が信頼と共感を元にした、良好な関係性を構築するための支援を一層強化してまいります。

※1 「LINE」の日本国内MAUについて
LINE株式会社「2016年12月期第3四半期決算説明会」資料に掲載

【お問い合わせ】
https://looops.net/contact/

ループス・コミュニケーションズ (looops communications)