window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag() { dataLayer.push(arguments); } gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-1304822-14'); ネット炎上リスク診断サービス - Looops
お問い合わせはこちら

ネット炎上リスク
診断サービス

あなたの会社のネット炎上リスクを
調べてみませんか?

お問い合わせはこちら

ネット炎上リスク診断サービスの概要

ソーシャルメディアの普及とともにネット上の企業や商品・サービスの評判は、企業経営にも大きな影響を及ぼすようになってきました。毎日のように発生するネット炎上は、あなたの所属する組織にとっても、決して対岸の火事ではありません。
「ネット炎上リスク診断サービス」はネット上のクチコミから、企業や商品・サービスのネット上での評判と今後の炎上リスクを分析し、危機管理を目的としたレポーティングサービスです。

診断方法

基本的な考えかた

企業のネット炎上のリスクを把握するために、企業の担当者は何を見るべきなのでしょうか。ネット炎上リスク診断サービスでは、以下の3つの着想をもとに、ネット炎上のクチコミやリスクの種類を見ていきます。

着想1

着想1

クチコミを"関心の種類"ごとに分類する

企業や商品に関するネット上のクチコミは、商品を使用した感想や、発表されたリリース記事に対する意見など、特定の関心ごとについての意見を発信されていることが多くみられます。 その関心ごとを、会社内の組織体制と対応付けて仕分けることで、責任組織が明らかとなり、対策を講じやすくなると考えられます。関心ごとを「顧客体験」「社員のふるまい」「会社からのメッセージ」とに3つに分類した場合、次のような責任部署との対応関係が想定できます。

「顧客体験」「社員のふるまい」「会社からのメッセージ」 「顧客体験」「社員のふるまい」「会社からのメッセージ」

着想2

着想2

クチコミを"リスクの種類"で分類する

ソーシャルメディアは人々の想いを伝播させるメディアです。ネット炎上では、ネガティブな話題が拡散してしまうことだけに着目する傾向があります。本診断サービスでは、リスクは「予想からの乖離」ととらえ、
・ネガティブな話題が拡散するリスク
・ポジティブな話題が拡散しないリスク
の両面を観測します。

クチコミをリスクの種類で分類する クチコミをリスクの種類で分類する

着想3

着想3

クチコミの“絶対量”と”トピック”の拡散状態を把握する

ネット上で企業に関するクチコミの絶対量が多いということは、ネット上での該当企業やサービス・商品の認知につながります。この中で、認知が広がる契機となる話題(以下、「トピック」と記します)が存在します。 それぞれのトピックの話題もどの程度まで広まったかで、対処方法も異なります。本サービスでは、拡散状態を以下のLEVEL 1~4に分けて現象を整理します。

クチコミの絶対量とトピックの拡散状態を把握する クチコミの絶対量とトピックの拡散状態を把握する

ネット炎上の発生

多くはネット上で話題が発生しただけで、さほど多くの人に知られていない状態です。例えば、社員が服務上の些細な秘密をTwitterに投稿してしまったなどです。

リアル社会で認知

話題を著名なネットニュースやまとめサイトなどで取り上げられることにより、事案と関係のない大勢のネットユーザーの目に触れた状態です。

リアル社会で認知

テレビなどのマスメディアでも取り上げられ、ネット外でも認知が広がる段階です。例えば、記者会見の内容がワイドショーなどに取り上げられる状況などです。

イメージの定着

マスメディアでも様々な角度から継続的に評論され、世間が、社会問題として認知した状態です。

※ 標準の調査対象はTwitterです。それ以外のメディアを活用したい場合には、別途打ち合わせが必要です。

アウトプットサンプル

上記の結果をもとに、貴社の製品・サービスのネット炎上リスク診断結果をレポートします。

サービス関連記事

サービスの関連記事も参考ください。

ネット炎上リスクを"クチコミ"から診断する方法を考えてみた

https://note.com/looopscom/n/n7243f953a872

ネット炎上のメカニズム:ネット炎上の拡大プロセス

https://note.com/looopscom/n/n8fc55c92b051

ネット炎上の事例研究:ネット炎上の類型化

https://note.com/looopscom/n/n19d15975c588